気持ちは同じ

気持ちは同じ

年代によって髪の毛に対する悩みは違います。しかしどんな年代であっても、多くの女性は「髪の毛がキレイであって欲しい」「何歳になってもキレイな髪の毛でいたい」と思っているのではないでしょうか。

 

そして「髪の毛は女の命」と言われるように、昔の時代でも多くの女性は「髪の毛」をとても大切にしていたのです。600年〜700年代の女性の髪の毛は、百人一首や源氏物語でも描かれているように、髪の毛の長い女性が「美人」と言われていました。

 

その昔の女性は、髪の毛を長くのばしツヤのある髪の毛にするために、「五味子(さかねづら)」という植物の汁を髪の毛に付けて、髪の毛を整えたり、髪の毛のツヤをだしていたと言われています。

 

また平安時代になると「髪の毛に良い」と言われていた、「米のとぎ汁」を使って髪の毛を洗っていたのだそうです。しかしこの時代の洗髪は1年に1回だとも言われていますが、真相は定かではありません。

 

そのために平安時代の女性は、髪の毛のニオイを消すために頻繁にお香をたいていたとも言われているのですよ。昔の人の「ヘアケア」は、現在とかなり違いますが、一つだけ同じことがあります。

 

それは「櫛」を使用して髪の毛をとき、血行促進をしている点です。「櫛」や「ブラシ」で髪の毛を溶かすことはとても大切な「頭皮ケア」なのです。どんな時代であっても、どんな年齢であっても、髪の毛に対する思いはいつの時も同じなのです。